12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
社会・全般
2015年7月15日(水)9:02

宮古病院に協力要請/障害児サマーキャンプ実行委

来月7~9日に宮古開催


上原院長(左)と本村部長(左から2人目)に協力を要請する(右から)勝連代表、宮城医師、仲間会長=14日、宮古病院

上原院長(左)と本村部長(左から2人目)に協力を要請する(右から)勝連代表、宮城医師、仲間会長=14日、宮古病院

 障害を持つ子供とその家族が参加して交流するサマーキャンプがんばれ共和国『みゃ~くがに』が8月7日から9日まで伊良部島で開催される。キャンプ長を務める宮古病院小児科の宮城大雅医師と実行委員会事務局が14日、同院の上原哲夫院長と本村悠子看護部長に対し緊急時の対応で協力を要請した。

 サマーキャンプ「がんばれ共和国」が宮古島で開かれるのは昨年に続き2回目。前回は、各地で同キャンプを開催してきた認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワークが主催したが、今回は宮古島で実行委員会を立ち上げ独自に開催する。

 今回、参加するのは宮古から8家族、沖縄本島6家族、県外1家族の計15家族で、子供は2歳から12歳までの15人とその兄弟姉妹9人、保護者35人。家族交流会や海水浴、クルージング、星空見学、保護者を対象としたマッサージなどの実施を予定している。地元からは宮古病院職員をはじめ市役所や保健所の保健師、福祉施設のふれあいの里やビザライ、宮古特別支援学校の職員など約140人がボランティアスタッフとして参加し運営に当たる。

 宮古病院への要請では、宮城医師と、事務局を務めるビザライの勝連聖史代表、医療ケアを必要とする子供と親の会「あまいるの会」の仲間久美子会長が上原院長と本村部長に対し、重度心身障害児を含む子供たちが参加することを踏まえ、けがや不測の事態を考慮し、緊急時の協力を求める要請文を手渡した。

 上原院長は「宮古の自然の中で、安全に事故なく過ごしてほしい。地域の福祉関係者の協力で楽しい思い出を作ってもらえると良いと思う」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!