05/26
2024
Sun
旧暦:4月19日 仏滅 庚 
社会・全般
2015年7月22日(水)9:04

働く意欲高める/企業合同説明会

県内外55社が参加/高校生50人が興味津々


約50人の高校生が訪れて興味がある企業の担当者の説明を聞いた=21日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

約50人の高校生が訪れて興味がある企業の担当者の説明を聞いた=21日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 宮古地区県立学校長会主催の2015年度宮古地区県内・県外企業合同説明会が21日午後、JAおきなわ宮古地区本部ホールで開かれた。約50人の高校生が訪れ、県内外55企業の仕事内容や魅力を吸収した。面談後の生徒たちの表情は充実感にあふれ、それぞれ働く意欲を高めていた。説明会は昨年に続いて2回目の開催。主催者が県内外の企業を誘致し、運輸や電気工事、介護、製造・加工、飲食、設備・建築、バスガイド、金融、流通、観光などあらゆる業種の企業55社が集まった。

 説明会が始まると、宮古地区の高校生が続々と来場し、興味がある職種の説明に聞き入った。企業もパネルやパンフレット、動画などをフルに活用して自社の魅力をアピールした。

 参加した高校生は複数の企業のブースを回って情報を収集。積極的に質問をするなどして自らの進路の選択に集中していた。

 宮総実2年の下地涼介君は「この機会に来た方が良いと思って参加した。話を聞いて、高校生に手厚いと感じることができた」と感想を話した。同じく宮総実2年の平良渉君は「とてもありがたい機会。各企業の対応はとても良かった」と満足した表情で話した。

 同じ2年の石垣希夏(ぎんが)君も宮総実から参加した。「いずれ就職はするので良い機会だと思って参加した。商業科で取った資格を活用できる仕事を見付けたい」と意欲的だった。

 伊良部高校の比嘉萌(めぐみ)さん(3年)はバスガイドになることを目標に掲げている。この日は沖縄本島のバス会社の説明に聞き入った。「バスガイドは毎日いろいろな人に出会えるのがとても魅力。良い話を聞くことができた」と笑顔で話していた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!