05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
教育・文化
2015年7月22日(水)9:02

ロボット走行を練習/宮工電気情報科

25日の大会に向け教室開催


プログラムを記憶させたロボットの走行状況を見守る参加者=21日、宮古工業高校

プログラムを記憶させたロボットの走行状況を見守る参加者=21日、宮古工業高校

 今月25日に宮古島で開催されるロボット大会へ向け、宮古工業高校電気情報科では6月から「ロボット教室」を開催していて、21日にはその第4回が行われた。小学生から高校生まで約25人が参加し、組み立てたロボットにプログラムを記憶させ、コースを走行させる練習を繰り返し行った。

 「WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)沖縄ロボット大会2015in宮古島」は25日に宮古島夏まつり会場で開催される。参加者はブロック玩具を使ったロボットの組み立てからプログラム制御までを行い、競技コースでのライン上走行や指定ゾーン内に入るなどの課題でポイントを競う。競技は小学生、中学生、高校生の3部門があり、優勝チームは8月の県大会へ出場できる。

 ロボット教室は、宮古工業高校が小、中、高校生の技術的交流の場を提供するとともに同校の取り組みを地域に知ってもらう機会にしようと開催されている。

 教室参加者たちはロボットをコースで走行させ、課題クリアができなかった部分があればプログラムを修正し、再び走行させ確認する作業を繰り返し行った。

 吉田凌海君(平一小4年)は「曲がるところやスピード調整が難しいが、最後までゴールできた時はうれしい。大会では課題すべてをクリアして、沖縄大会へ出場したい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!