06/13
2024
Thu
旧暦:5月8日 赤口 戊 
政治・行政
2015年7月23日(木)9:07

「心躍る 夢と希望の 宮古島」/市制10周年キャッチフレーズ

水木さん(山梨)の作品に決定


市制施行10周年記念キャッチフレーズを発表する下地市長(右)と友利克企画政策部長=22日、市役所平良庁舎

市制施行10周年記念キャッチフレーズを発表する下地市長(右)と友利克企画政策部長=22日、市役所平良庁舎

市制施行10周年記念事業の一環として市が募集していた、10周年記念キャッチフレーズが、山梨県の水木亮さん(72)の「心躍る 夢と希望の 宮古島」に決定した。選考委員長を務めた下地敏彦市長が22日、市役所平良庁舎で発表した。今後はキャッチフレーズが書かれたのぼりを市内各所に設置するなどして10周年の機運盛り上げに活用される。

市では10周年を内外にPRすることなどを目的に、宮古島市への愛着や明るい宮古島市の未来をイメージできるキャッチフレーズを5月19日から募集。6月15日の締め切りまでに28都道府県の92人から合計192件の作品の応募があった。そのうち宮古島市からの応募は27人、50件だった。

事務局による一次審査を通過した19作品について、選考委員会が6月25日に最終審査を行った結果、水木さんの作品が選ばれた。

下地市長は選考理由について「語呂が良く、躍動感があり、これから明るい宮古島をつくっていこうというイメージが湧く」とした上で、「応募はかなりの件数で、宮古島市への関心が高いと感じられた。夢と希望ある宮古島をこれからつくっていきたい」と語った。

水木さんは「退職後、キャッチフレーズの公募などに関心を持つようになり、多数の申し込みを行ってきた。今回、宮古島市10周年のキャッチフレーズに選ばれとてもうれしい」とのコメントを寄せている。水木さんには副賞として賞金1万円が贈られる。

今後は、キャッチフレーズの書かれたのぼり150本を市内各所に設置するほか、懸垂幕や横断幕などにもして10周年記念をPRする事業などで使用される。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!