06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
イベント
2015年7月26日(日)9:07

クイチャーで豊年祈願/夏まつり始まる

旗頭、たなびく/きょう東西大綱引き


旗頭を中心にクイチャーを奉納し豊年を祈願した=25日、漲水御嶽

旗頭を中心にクイチャーを奉納し豊年を祈願した=25日、漲水御嶽

 夏の一大イベント「宮古島夏まつり2015」(主催・同実行委員会)が25日に開幕した。漲水御嶽では豊年祈願祭が行われ、関係者がクイチャーを踊って豊年を祈願した。夕方になると3商店街で歩行者天国がスタート。浴衣姿の市民や観光客がどっと訪れ、路上パフォーマンスや夜店を満喫した。祭りはきょう26日まで。パレードや東西大綱引きが行われる。

 今年の祭りは、宮古島市市制施行10周年並びに宮古島商工会議所設立40周年記念を兼ねており、10年ぶりにパレードを復活させるなど内容が充実している。

 豊年祈願祭は午前10時から漲水御嶽で行われた。ツカサが祈りを捧げた後、漲水クイチャー保存会、池間の女性、西原みどり会、徳八流太鼓が祈願舞踊を披露して豊年を願った。

 この後、祭り実行委員会委員長で宮古島商工会議所の下地義治会頭が「中心商店街の活気あふれるにぎわいを満喫し、元気のある宮古島市のPRに一役買っていただきたい」と協力を呼び掛けた。また、「この祭りを通して、それぞれの地域で元気の良さ、明るさが沸き上がってほしい」と祭りの相乗効果を期待した。

 下地敏彦市長は「夏祭りを開催するには絶好の天気になった。2日間にわたりいろいろなイベントが行われる。市民みんなでこの祭りを楽しみ、あすへの活力を蓄えて、一生懸命それぞれの立場で頑張っていただきたい」と述べた。

 引き続き祈願参拝が行われ、実行委員会のメンバーや行政、関係団体の代表らが次々と豊年を祈願。一般の市民も参拝した。

 最後は祈願舞踊を行った漲水クイチャー保存会などのメンバーが御嶽前でクイチャーを踊った。今年初めて持ち込んだ高さ約3㍍の旗頭3本を円の中心にして元気な踊りを披露した。

 関係者や一般の市民も輪に入って伝統のクイチャーを笑顔で踊り、共に豊年に伴う島の発展を願った。

 豊年祈願祭は宮古神社でも行われた。

 夕方には歩行者天国がスタートした。多くの市民が来場し、夜店が軒を連ねる商店街を歩きながらダンスパフォーマンス、アームレスリング大会、ちびっ子駅伝などのアトラクションを満喫していた。

 きょう26日は、歩行者天国のほか、18団体600人が参加するパレード、ミス宮古島の発表会、東西大綱引きが行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!