05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
産業・経済
2015年8月8日(土)9:03

懸念はキビの塩害/台風13号

風被害は最小限か


強風にあおられるサトウキビ。気象条件によっては塩害等の被害が懸念される=7日、宮古島市内

強風にあおられるサトウキビ。気象条件によっては塩害等の被害が懸念される=7日、宮古島市内

 台風13号の接近で、宮古各地のサトウキビは強風にあおられた。ただ、製糖関係者は「この程度の風ならそれほど大きな被害は出ないと思う」と見ている。懸念されるのは塩害だ。

 宮古島地方には7日、暴風警報が発表され、終日強い風が吹いた。この影響を受け、サトウキビが横倒しになったり、傾いたりするほ場が一部で見られた。

 ただ、「そう悪い影響は出ないのではないか」というのが沖縄製糖の見方だ。折損被害なども最小限に抑えられていると見ている。

 一方で、「雨が降ってくれなければ塩害の心配が出てくる」と話す。「雨さえ降れば、前回の台風と同じように恵みの雨をもたらすことになる」と話し、サトウキビの生育を促進する気象条件に期待を込めた。

 宮古島地方気象台によると、この台風の影響による各地の雨量(6日午前0時から7日午後6時)は▽平良下里10・5㍉▽城辺11・5㍉▽宮古空港8・5㍉▽下地島空港10㍉▽多良間空港18㍉-となっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!