04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
産業・経済
2015年8月21日(金)9:06

キビの夏植え始まる/生産農家が作業に汗

サトウキビの夏植えで汗を流す農家=20日、城辺仲原

サトウキビの夏植えで汗を流す農家=20日、城辺仲原

 サトウキビの夏植えが始まっている。強い日差しと暑さの中、農家が作業に汗を流している。夏植えは旧盆以降に集中する。

 城辺仲原地区で作業をしていた農家は、前日19日にスプリンクラーを使って畑に水をまき、植え付けの準備を行った。こうすることでほ場が水分を含んで植えやすくなるという。

 植え付け作業は20日に開始。畝に苗を並べ、土をかぶせて丁寧に植え付けた。

 70代の女性は「スプリンクラーがあるから、雨が降らなくても気持ちよく植えられるよ」と笑顔。「植えやすいと作業も楽しくなるからね」と話した。

 宮古地区のサトウキビはここ数年30万㌧台の生産量を維持している。2014-15年産は32万2206㌧を生産し、農家へ支払われるキビ総代金は前期比1億9480万円増の72億9000万円だった。近年の株出し面積の拡大に伴い、15-16年産はさらなる増産が期待されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!