12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
産業・経済
2015年8月27日(木)9:05

塩害の懸念解消へ/台風15号

各地でまとまった雨


台風で懸念されたサトウキビの塩害は解消されたものとみられる=26日、宮古島市内

台風で懸念されたサトウキビの塩害は解消されたものとみられる=26日、宮古島市内

 台風15号が接近した影響で懸念されたサトウキビの塩害は25、26両日の雨で解消されたものとみられる。気象台によると、両日は各地でまとまった雨が観測されており、平良下里では累計71・5㍉の雨が降った。糖業関係者は「台風通過後の雨は『恵みの雨』と言えるのではないか」と話した。

 宮古島地方気象台がまとめた25、26両日の累計雨量は▽平良下里71・5㍉▽平良鏡原50・5㍉▽城辺新城49㍉▽下地島空港52・5㍉▽多良間仲筋27・5㍉-とまとまった雨を観測した。

 特に平良では局地的に強い雨を観測しており、市街地では一部の道路が冠水するほどの大雨だった。

 台風が接近すると海水が吹き上げられ、サトウキビの葉に塩が付着して生育を阻害する。これを解消するには雨やスプリンクラーなどで流すしかない。

 今回は、台風通過後にまとまった雨が観測されているため、塩害はほぼ解消されたものとみられる。

 沖縄製糖宮古工場の砂川玄悠専務は「台風の接近は厳しかったが、被害率2%で心配していたほど被害は大きくなかった」と話して安堵(あんど)する。その上で「台風通過後の雨は恵みの雨。塩害も解消されたとみてよいと思う」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!