07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2015年8月27日(木)9:04

ビーチバレー準Vを報告

仲間、伊志嶺(宮高)が市長に


下地市長(中央)に全国大会準優勝を報告した仲間君(右から2人目)、伊志嶺君(左から2人目)と池間宇紘県大会監督(左)、仲間耕平全国大会監督=26日、市役所平良庁舎

下地市長(中央)に全国大会準優勝を報告した仲間君(右から2人目)、伊志嶺君(左から2人目)と池間宇紘県大会監督(左)、仲間耕平全国大会監督=26日、市役所平良庁舎

 8月8日から11日まで大阪府阪南市で開かれた第14回全日本ビーチバレージュニア男子選手権大会で、沖縄県代表として出場した伊良部高校3年の仲間大介君と宮古高校3年の伊志嶺光亀君のペアが準優勝を果たした。2人は26日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、結果を報告した。

 各校でバレーボール部に所属していた仲間君と伊志嶺君は6月、県高校総体終了後にペアを結成。同月28日に西原町で行われた第27回ビーチバレーOKINAWA2015の高校生男子2人制で優勝し、全国大会への出場権を獲得した。

 全国大会には各都道府県代表52チームが出場。仲間・伊志嶺ペアは4チームによるグループ戦の予選を突破すると、決勝トーナメント初戦で熊本代表、2戦目は高知代表、準々決勝は山梨代表、準決勝は神奈川第2代表にいずれもセットカウント2対0のストレート勝ち。決勝では兵庫代表の神港学園ペアと対戦したが、第1セット12対21、第2セット13対21で破れ、優勝には一歩届かなかった。

 チーム監督や学校関係者と平良庁舎を訪れた仲間君と伊志嶺君は、下地市長に全国大会準優勝と、伊志嶺君が大会の優秀・有望選手8人のうちの1人に選出されたことを報告した。

 仲間君は「小学校2年生の時からバレーを始め、全国大会を目標に取り組んできた。高校最後の年に出場でき、準優勝できうれしい。たくさんの人と関われたことで人間的にも成長できたと思う」。伊志嶺君は「インドアのバレーだけではできない経験ができ良かった。優勝を目指していたので結果は少し満足できていないが、応援してくれた人たちから『感動をありがとう』と言われたときはうれしかった」と語った。

 報告を受けた下地市長は「チームを編成してから短期間でこの結果が残せたのは素晴らしいこと。ぜひ、日本代表選手になれるようこれからも頑張ってほしい」と激励した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!