12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
政治・行政
2015年8月31日(月)9:05

「イベント誘致班」設置へ/下地市長

ドーム型施設有効活用で


ドーム型スポーツ観光交流拠点施設の完成イメージ図(市振興開発プロジェクト局提供)

ドーム型スポーツ観光交流拠点施設の完成イメージ図(市振興開発プロジェクト局提供)

 下地敏彦市長は30日、スポーツ観光交流拠点施設の建設工事が着工したことを受け、市に「イベント誘致班」を年内にも新しく設置することを明らかにした。下地市長は「大型のイベントの開催は2年先まで決まっている。今から誘致しないと完成した後からでは間に合わない」と述べ、天候に左右されないドーム型の特徴をPRしながら、施設の有効活用を図ることを強調した。同日行われた同施設建設工事合同安全祈願祭の終了後、マスコミのインタビューに答えた。



 市議会野党や一部与党議員から膨大な公共事業費を懸念する声が上がっているが「市は総工事費の1割程度しか負担しない。一括交付金が活用できる機会を逃してしまうと大型施設はできない。この機会を逃さず、宮古の将来を見通した形の施設整備をしたい」と語った。


 赤字試算の運営面については「黒字が出ると黒字の部分は国に返却しなければいけないということを市民は理解してほしい」と語った。


 建設費に充てる次年度の一括交付金が現段階では確保されていないことについては「市町村分の割り振りをする場合は、2年分やりましょうという合意ができている。今年は確保したが、来年分は全体の予算額が確定していない。確保できることは決まっているが金額が確定していないだけ」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!