02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
産業・経済
2015年9月10日(木)9:07

前期並み30万㌧見込む/15-16年期キビ生産量

株出し面積40%に拡大/10㌃当たり収量6.5㌧予測


順調に生育するサトウキビ=9日、平良の添道地区

順調に生育するサトウキビ=9日、平良の添道地区

 市(下地敏彦市長)は9日までに2015-16期サトウキビ生産量(第1回見込み)をまとめた。それによると、総合生産量は前期並みの30万㌧余を見込んでいる。生産農家らは「今後気象条件に恵まれた場合は、収量は増えるだろう」と期待を寄せている。

 地域別では、平良地区が8万6791㌧、城辺地区9万3324㌧、下地地区3万9210㌧、上野地区3万315㌧、伊良部地区5万8546㌧と予想している。

 全体の収穫面積は4812㌶。内訳では平良地区1315㌶、城辺地区1534㌶、下地地区588㌶、上野地区466㌶、伊良部地区911㌶。各地区の収量面積に対する10㌃当たりの収量は6・5㌧前後を予測。

 全収穫面積4812㌶のうち、夏植えが2640㌶で全体の55%を占めている。株出しは1904㌶で全体の40%を占め、今後とも面積は拡大するものと思われる。株出し面積は昨年の第1回見込みでは37・4%を推移しており、今回は2・6ポイント拡大している。

 植え付け体系別の生産見込み量は、夏植えが最も多く19万9832㌧(10㌃当たり収量7・5㌧)、株出し9万4746㌧(同5㌧)、春植え1万3606㌧(同)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!