04/13
2024
Sat
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2015年9月20日(日)9:02

県指導農業士認定を報告

来間さんら3人が市長に


報告後、下地市長(手前中央)と記念撮影する関係者ら=17日、市役所平良庁舎

報告後、下地市長(手前中央)と記念撮影する関係者ら=17日、市役所平良庁舎

 このほど県の指導農業士の認定証の交付を受けた、来間孝勇さん(下地嘉手刈)、長濱和彦さん(平良東仲宗根添)、嵩原健一さん(下地与那覇)さんの3人と名誉指導農業士として感謝状を授与された真壁恵修さん(上野地区)が17日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に報告した。下地市長は「指導農業士は、農家にとっては先生の称号。高い技術を若い人たちに教え、今後とも宮古の農業の発展のために益々研さんしてください」と激励した。

 県の農業士認定制度は1978年に制定された。農業士は、県内農業の振興に向け、地域の担い手や指導者として、後継者育成などで活躍されている。

 4人はそれぞれ抱負を語った。このうち真壁さんは「縁あって名誉指導農業士となった。今後とも模範で頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 嵩原さんは「後継者の模範となるように農業経営を安定させたい」と気持ちを引き締めた。

 来間さんはマンゴー、長濱さんはゴーヤーとミニトマト、嵩原さんはトウガンとサトウキビを栽培している。それぞれの分野の実績や技術が高く評価された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!