11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
社会・全般
2015年9月20日(日)9:02

県指導農業士認定を報告

来間さんら3人が市長に


報告後、下地市長(手前中央)と記念撮影する関係者ら=17日、市役所平良庁舎

報告後、下地市長(手前中央)と記念撮影する関係者ら=17日、市役所平良庁舎

 このほど県の指導農業士の認定証の交付を受けた、来間孝勇さん(下地嘉手刈)、長濱和彦さん(平良東仲宗根添)、嵩原健一さん(下地与那覇)さんの3人と名誉指導農業士として感謝状を授与された真壁恵修さん(上野地区)が17日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に報告した。下地市長は「指導農業士は、農家にとっては先生の称号。高い技術を若い人たちに教え、今後とも宮古の農業の発展のために益々研さんしてください」と激励した。

 県の農業士認定制度は1978年に制定された。農業士は、県内農業の振興に向け、地域の担い手や指導者として、後継者育成などで活躍されている。

 4人はそれぞれ抱負を語った。このうち真壁さんは「縁あって名誉指導農業士となった。今後とも模範で頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 嵩原さんは「後継者の模範となるように農業経営を安定させたい」と気持ちを引き締めた。

 来間さんはマンゴー、長濱さんはゴーヤーとミニトマト、嵩原さんはトウガンとサトウキビを栽培している。それぞれの分野の実績や技術が高く評価された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!