04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
イベント
2015年9月24日(木)9:05

クイチャー祭り大盛況/宮古の里

出演500人が勇壮に踊る


約500人が出演して伝統のクイチャーを踊った=22日、宮古島リハビリ温泉病院クイチャー広場

約500人が出演して伝統のクイチャーを踊った=22日、宮古島リハビリ温泉病院クイチャー広場

 社会福祉法人祐愛会第30回宮古の里クイチャー祭りが22日、宮古島リハビリ温泉病院クイチャー広場で開催された。18団体から約500人が出演し、各地域で受け継がれてきた伝統のクイチャーなどを踊った。会場は最後まで出演者と観客の熱気に包まれた。

 毎年多くの出演者でにぎわう祭りは今年30回の節目を迎えた。広場に設置した特設会場は、出演者と多くの観客で埋め尽くされた。

 冒頭、宮古の里の砂川達雄施設長は「30回の節目を迎えることができて感激している」と、長年祭りを支えてきた出演者や関係者に感謝。その上で「保存されてきた伝統のクイチャーがここに集結する。18団体の総勢500人の出演者による勇壮なクイチャーを期待している」と述べた。

 祐愛会の奥原典一理事長は「これだけの人が参加してくれて主催者としてはうれしい限り。宮古各地から500人が参加する。日ごろの練習の成果と実力を発揮して踊り、この祭りを大いに盛り上げてほしい」と感謝を込めて話した。

 この後、上区獅子舞保存会による勇壮な獅子舞で祭りが幕開け。友利伝統芸能保存会、漲水クイチャー保存会、佐良浜ミャークヅツクイチャー保存会、川満棒踊り保存会と続いた。その他各地の団体も出演した。

 それぞれ地域に根付くクイチャーや伝統の芸能を舞台上で発表。足を踏みならし、手を頭上に上げて表情豊かに踊った。観客は各団体による優雅な踊りを堪能した。演目ごとに大きな拍手を送り、年に一度の盛大なクイチャー祭りを楽しんでいた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!