11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2015年9月24日(木)9:03

向上のカギは能動性/メンタルトレーニング講習会

大儀見さんが講話


自ら考え、行動することの大切さを語る大儀見浩介さん=23日、平良中体育館

自ら考え、行動することの大切さを語る大儀見浩介さん=23日、平良中体育館

 スポーツ&教育・メンタルトレーニング講習会が23日午前、平良中学校の体育館であった。メンタリスタ代表の大儀見浩介さんが講話を行い、一流のスポーツ選手は「自ら考え、自ら目標達成のためのプランを立てている。探求心、向上心が極めて強い」と述べ、能動性の重要性を語った。

 講習会は宮古地区中学校体育連盟が主催。市内の中学生が参加して大儀見さんの話に耳を傾けた。

 オリンピックで勝てる選手や記録が伸びる選手の特徴として「タイムマネジメントが素晴らしい」と1日の行動を自らマネジメントする自発性を挙げた。「勝てない選手は朝起きてから行動までが遅い。すべてが受動的だ」と話し、能力を伸ばしたり、発揮したりする上では能動的な動きが欠かせないと指摘した。

 将来の夢を生徒に語らせた大儀見さんは、その直後にミッキーマウスの絵を描くよう指示した。うまく描けない生徒に「これがイメージと現実のギャップ。誰もがミッキーを知っているけど、いざ描こうと思うと分からなくなる。夢も、イメージだけでは、いま描いているミッキーと同じような絵になる」と話した。

 その上で「イメージと現実のギャップを埋めることはできる」と主張。方法としてスモール・ステップを挙げ、大きな目標を達成するために、小さな目標をクリアしていく過程の重要性を説いた。「このとき一流の選手は自分の頭で考えてプランを立てる。二流の選手は指示待ちが多く、言われたことしかできない」という特徴を説明し、自ら考えて行動するよう促した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!