04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
イベント
2015年9月27日(日)9:06

滑走路で早朝ウオーク

空の日行事に市民70人


心地よい秋風と朝日を浴びながら滑走路を歩く市民たち=26日、宮古空港滑走路

心地よい秋風と朝日を浴びながら滑走路を歩く市民たち=26日、宮古空港滑走路

 9月の「空の旬間」に伴う「空の日フェスタ」の関連イベントとして26日早朝、宮古空港滑走路でランウェイウオークが行われた。

 親子連れら市民約70人が参加し、心地よい秋風と朝日を受けながら全長2000㍍の滑走路ウオークに挑戦。飛行機の離陸をまねながら子供たちは滑走路を走り出し、気持ちは秋空へと離陸した。

 このイベントは、空に関心を持ってもらうことを狙いとする「空の日」フェスタの一環で行われた。

 市民はバスに乗って滑走路南側の端に移動した。誘導灯が点る滑走路をそれぞれのペースでゆっくりと歩いた。

 諸井仁貴君(久松小2年)は「飛行機が大好きなのでとても楽しみにしていた。滑走路にはでこぼこがあったり、新しい発見がいっぱいあってとても楽しい」と話した。

 母親の絵美さんは「息子が飛行機好きなので参加した。滑走路でウオーキングをするなんて普段はできないことなのでとても良い思い出になった」と述べた。

 参加した市民は滑走路いっぱいに広がって歩き、360度見渡せる広大な景色を満喫した。

 「空の日」「空の旬間」関連行事は今後、10月3日にタワー見学や空港施設バスツアーなどが予定されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!