08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
環境・エコ
2015年10月6日(火)9:02

国際保護鳥を守ろう

伊良部中でサシバ保護集会


久貝さんの講話を熱心に聞き入る生徒たち=5日、伊良部中の体育館

久貝さんの講話を熱心に聞き入る生徒たち=5日、伊良部中の体育館

 伊良部中学校(平良満洋校長)は5日、サシバ保護集会を開いた。生徒78人は、国際保護鳥サシバを地域住民とともに守っていくことを誓い合った。 

 サシバは、沖縄が本土復帰した1972年に鳥獣保護法が適用され、狩猟鳥から保護鳥に指定された。県は77年、サシバが渡る10月をサシバ保護月間に設定。環境省は2006年のレッドデータ見直しで、サシバを絶滅危惧種に指定した。

 サシバは宮古島市の市鳥。2~11日まではサシバ保護旬間となっている。

 校内のサシバ保護ポスター・標語表彰式が行われた。ポスターの部の最優秀賞に仲間まひるさん(3年)の「島の宝鳥 守りゆく命」と題した作品、標語の部の最優秀賞に冨永乃愛さんの(2年)の作品「タカバシラ 伊良部の空に いつまでも」がそれぞれ選ばれた。平良校長が入賞者らに賞状を贈った。

 講師にサシバの生態に詳しい久貝勝盛さんが招かれ「サシバは友だち・島の宝物」と題して講話した。

 久貝さんは、秋に東南アジアへ南下する原因や渡りルートなどを説明。かつて伊良部の人々がサシバと関わっていた文化・生活史を紹介した。

 同集会は、国際保護鳥であるサシバの保護意識を高め、サシバの保護を広く地域へ発信していくなどが目的。 

 表彰された生徒は次の皆さん。(敬称略)

 【ポスターの部】最優秀賞=仲間まひる(3年)▽優秀賞=上原凪紗(2年)▽優良賞=具志堅廉(2年)手登根華恋(1年)

 【標語の部】最優秀賞=冨永乃愛(2年)▽優秀賞=川満俊宣(1年)善平悠鈴(2年)佐久田愛海(1年)▽優良賞=上里梨緒(3年)国吉華優(同)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!