06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
スポーツ
2015年10月13日(火)9:13

北学区、王座奪還/宮古体育大会

接戦制し2年ぶり/陸上で平一を突き放す


2年ぶり総合優勝を飾った北学区のメンバー=11日、市陸上競技場

2年ぶり総合優勝を飾った北学区のメンバー=11日、市陸上競技場

 第42回宮古体育大会は11日、最終競技の陸上競技を行い、2カ月間の全日程を終了した。16競技の合計得点を競う学区対抗の男女総合成績は北学区が2年ぶりの優勝を飾った。陸上の得点で平一学区との接戦を制した。3位には上野学区が入った。北学区体協の安慶田成夫会長は「陸上で1位になれた。女子が全体的に良かった」と話し、2年ぶりの王座奪還を喜んだ。

 宮古体育大会は8月に開幕した。以来2カ月間にわたりゴルフ、水泳、サッカー、テニス、剣道、ソフトテニス、ハンドボール、バスケットボール、卓球、軟式野球、柔道など計16競技で学区対抗戦を行った。

 優勝した北は16競技中欠場が2。14競技にエントリーして得点を稼いだ。優勝した競技は水泳の男女、バドミントン、剣道、ボウリング、柔道、角力の7競技と他を圧倒した。

 前回優勝の平一はバレーボール男子と陸上女子、卓球、テニスを制したほか多くの競技で上位に入賞して北を追走。両者の争いは最終の陸上までもつれた。

 結果として、陸上の総合成績で4位につけた北が6位に甘んじた平一との接戦を制して優勝。2年ぶりに王座を奪還し、過去10年で7度目の優勝を飾った。

 男女総合で連覇を逃した平一は2位で終了。3位以下は上野、久松、南、東の順だった。女子総合成績は平一が優勝で北が2位。3位下地、4位は上野。

 北学区体協の安慶田会長は「あきらめかけていた優勝だが、女子の活躍と陸上競技の得点で総合優勝することができた」と大会を振り返った。その上で「ほとんどの競技に出ることを心掛けた。2年ぶりに優勝できてほっとしている。選手や役員の皆さんの頑張りに感謝している」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!