04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
教育・文化
2015年10月15日(木)9:05

将来の夢に一歩前進/介護職員初任研に合格

宮総実 10人に修了証明書


介護職員初任者研修課程を修了した生徒10人に証明書が授与された=14日、宮古総合実業高校

介護職員初任者研修課程を修了した生徒10人に証明書が授与された=14日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校(具志堅三男校長)の生徒に対する介護職員初任者研修課程修了証明書の授与式が14日、同校校長室で行われ、同研修を修了した1~3年生10人に具志堅校長から修了証明書が伝達された。将来、介護職を目指す生徒たちからは「多くのことが学べたし、これからも将来の夢に向かって頑張りたい」などの感想が聞かれた。



 介護職員初任者研修とは、ホームヘルパー2級研修に代わり2013年4月から新たに始まった介護資格の新システムで、県指定の養成研修。


 内容は介護・福祉に必要な知識、技術、倫理観を持ち、人間性豊かな人材を養成する講座を実施し施設、在宅を問わず介護職に必要な知識について、実践的な介護技術等について幅広く学べる内容となっている。


 宮古島における高校生のための同講座は、今回が初めてで、同校からは生活福祉科9人、食と環境科1人が研修に挑み、全員が合格した。


 具志堅校長は「挑戦した全員が合格してとてもうれしい。皆さんが福祉に関心を持っていることは素晴らしく、優しい心を持っているということ。その心をそのまま持ち続け、これからも頑張ってほしい」と激励した。


 同研修は、6月22日から通信教育が始まり、7月24日~9月17日まで研修が行われた。


 研修を終え、修了テストを合格した10人の生徒たちからは「進路を介護系に決めていたので良い経験ができた」「多くのことが学べたので将来につなげたい」「先輩たちと一緒に頑張れて最後までやり遂げることができた」などの感想が聞かれた。


 研修をサポートした宮古介護福祉士の会の羽地克也さんも「修了した皆さんの感想を聞いていると本当にやって良かったと思う。この経験を良い材料にして将来に役立ててほしい」と呼び掛けた。


 介護初任者研修課程修了者は次の通り。(敬称略)

 【生活福祉科】1年=下地亜加莉、福里真理、渡久山華菜、下地未紗▽2年=洲鎌洸志郎、羽地麻衣、新城伊緒梨、下地ももな▽3年=砂川愛理
 【食と環境科】3年=新里志樹


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!