05/21
2024
Tue
旧暦:4月14日 大安 乙 
スポーツ
2015年10月20日(火)9:06

伊良部大橋での走り満喫/エコマラソン

仲間がフル2連覇/女子は石川(宮古)制す


3部門に計2167人が出場。伊良部大橋からの眺めを満喫しながら走る参加者=18日、伊良部大橋(平良側から撮影)

3部門に計2167人が出場。伊良部大橋からの眺めを満喫しながら走る参加者=18日、伊良部大橋(平良側から撮影)

 第6回エコアイランド宮古島マラソン(主催・同実行委員会)は18日、市陸上競技場を発着(10㌔は伊良部大橋の伊良部側スタート)で行われ、男子フル(42・195㌔)は、仲間孝大(那覇市)が2時間37分6秒で2連覇を達成。同女子は石川敦子(宮古島市)が3時間31分59秒で制した。3部門に計2167人が出場。

女子フルを制した石川敦子

女子フルを制した石川敦子

男子フルで連覇を果たした仲間孝大

男子フルで連覇を果たした仲間孝大

今回からコースになった伊良部大橋からの雄大な景色を見ながらゴール目指した。全体の完走率は90・63%だった。


 今大会は、市制施行10周年記念として開催。新たに10㌔の部を加えた。

 また、「日本一長い無料の橋『伊良部大橋』を体感しよう」とのキャッチフレーズを掲げ、各部のコースに伊良部大橋を組み込んだ。

 この日は曇り空で時折、小雨が降るあいにくの天気。伊良部大橋では強風が吹くなど、最後まで選手たちを苦しめた。

 沿道では市民らが「ワイドー」の声援で後押し。エイドステーションでは、飲み物や果物などを準備し選手たちをゴールまで導いた。

 大会には県内外から、マラソン愛好家がエントリー。年代も幅広く10代~80代までが参加し、秋の宮古路を駆け抜けた。

 広島県から参加しフルを完走した小畑真也さんは「去年は来間大橋だけだったが、今年は伊良部大橋を走れるのが楽しみだった。とても気持ち良かったが、向かい風が強く苦しかった。サトウキビの風景の中を走れて楽しかった」と笑顔。那覇市在住で宮古島市出身の福原珠美さんと夫の洋さんは、結婚10周年を記念して10㌔に挑戦。「風がとても強くてきつかったけど、2人で完走できて楽しかった。良い思い出になった」と喜んだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

第50代ミス宮古島が決定

サンゴ 坂田さ ん、ティダ 友利さ ん、ブーゲン 室田さ ん 宮古島観光協会(吉井良介会長)は19日、市内のホテルで第19代ミス宮古島の最終選考会を行い、3人のミス宮古島を決定した。ミスサンゴに坂田祐梨(ゆり)さん(27)、ミスティダに友利李南(りいな)さん(…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!