06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
産業・経済
2015年12月3日(木)9:05

キビの収穫始まる/沖糖管内8日から操業

農家、糖度懸念し作業


沖糖の8日操業開始に向け収穫作業を進める農家=2日、城辺長北地区

沖糖の8日操業開始に向け収穫作業を進める農家=2日、城辺長北地区

 沖縄製糖宮古工場が2015-16期サトウキビの製糖操業を8日に開始するのに合わせて、同工場管内の生産農家が収穫作業を始めている。

 城辺長北地区で自宅隣の畑で収穫作業をしていた79歳の男性は「収穫が早いので糖度が懸念される。最近、雨が多くサトウキビの成長が感じられる。糖度が上がってほしい」と語り、夫婦で収穫作業に励んでいた。ハーベスターも近いうちに稼働する。

 沖縄製糖の年内操業は2年連続。収穫が早くなるため沖糖では糖度の上昇が期待できる農林27号の夏植えほ場から収穫するよう呼び掛けている。

 同社では、年内は30日まで操業を行う(搬入は29日まで)。その後、1月3日まで工場を止め、同4日から再び搬入・操業を開始する。

 15-16年産サトウキビは台風の被害も少なく、宮古全体で前期並みの30万㌧の生産量が見込まれている。全体の収穫面積は4812㌶。このうち、夏植えが2640㌶で全体の%を占めている。株出しは1904㌶で全体の40%を占める。年内操業で今後、株出しや春植えの面積が拡大するとみられている。

 沖糖管内では、今期13万4000㌧の生産量を見込んでいる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!