04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
イベント
2015年12月6日(日)9:06

舞台発表や展示にぎわう/多良間村

活動成果一堂に/第1回コミュニティーまつり


舞台発表で「トウガニあやぐ」を披露する琉舞愛好会のメンバー=5日、多良間村コミュニティー施設

舞台発表で「トウガニあやぐ」を披露する琉舞愛好会のメンバー=5日、多良間村コミュニティー施設

 【多良間】第1回多良間村コミュニティーまつり(主催・同村教育委員会)が5日、同村コミュニティー施設で開催された。会場には子供からお年寄りたちが書いた書道や絵画、工夫を凝らした工作や生け花などの作品展示や舞台発表、バザーなど多彩な催しが行われた。村民多数が訪れ、生涯学習の推進拠点での活動成果に見入った。

 開会式であいさつした池城三千雄教育長は「新しい公民館が完成し、名称をコミュニティー施設と改めた。日ごろから多彩なプログラムを組んで利用者も増えている。これからも多くの人の利用を期待したい」と呼び掛けた。

 舞台発表は、琉球舞踊穂花会亀浜美智子練舞場による「かぎやで風」で厳かに幕を開けると、「がんじゅう(健康)学級」は演舞「ずみっ」で会場を沸かせた。

 「方言講座」を受講した児童たちは、たどたどしいイントネーションで多良間方言を披露し会場を笑いで包んだ。

 宮古地区の童話発表大会に出場した清村一生君(多良間小2年)、清村仁愛さん(同1年)のきょうだいは「大工とおのろく」を身ぶり手ぶりを入れて発表し、大きな拍手を受けていた。

 中学生はホームステイ報告会のほか、久志勝一君が「八月踊りを通して」と題し意見発表をした。

 バザーも盛況で、特に婦人会の豆腐を使った汁物「かすがらすじゃー」は人気を博し、販売間もなく完売した。

 まつり開会前には「グリーン・グレイシャス」と称した清掃活動を実施。多くの村民らが参加してごみ拾いを行った。

 コミュニティーまつりは「明るい村づくり・人づくりを目指すコミュニティー施設の役割について、地域住民の理解と関心を深め、今後一層の活性化を図ることを目的に開催。昨年までは「公民館まつり」だったがコミュニティー施設の完成で、今年から名称を変更した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!