04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
スポーツ
2015年12月8日(火)9:03

野球の優勝など報告/県民体育大会

上位入賞団体が市長に


下地敏彦市長(中央)に県民体育大会の結果を報告する競技団体役員ら=7日、市役所平良庁舎

下地敏彦市長(中央)に県民体育大会の結果を報告する競技団体役員ら=7日、市役所平良庁舎

 宮古島市体育協会と加盟競技団体の役員らが7日午前、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、第67回県民体育大会における結果報告を行った。下地市長は9年ぶりに優勝した軟式野球の活躍を祝福。一方で男女総合11位と振るわなかった団体成績に悔しさをにじませ、「次回こそ目標(総合8位内)を達成しよう」と激励した。

 先月21、22両日に行われた県民体育大会で、宮古島市は軟式野球で優勝。ボウリングが2位に入った。ラグビーと女子バレーボールが3位に入賞している。

 そのほか個人種目で複数の優勝があったが、全体的には振るわず、男女総合は11位、女子総合は10位と前回より順位を落とした。

 結果報告で優勝した野球の豊見山真監督は「絶対に優勝するという気持ちでオール宮古で戦ってきた。達成できてうれしく思う」と喜びを語った。ただ、「この結果におごらず、来年の大会も1試合1試合を大切に戦い抜きたい」と気を引き締めていた。

 下地市長は「久々の優勝おめでとう」と祝福。全体結果には「男子のバレーやバスケットがよもやの敗退ということで残念な部分もあるが、それぞれ頑張ってくれた。また来年の大会に向けてトレーニングに励んでほしい」と述べた。

 その他の上位入賞団体の役員も報告を行い、男女総合成績における次大会での巻き返しを誓った。市体育協会の長濱博文会長は「来年は取りこぼしがないように練習に励み、総合8位内を達成したい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!