04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2016年1月12日(火)9:04

製糖2工場、停止続く

長雨でハーベスター動けず


原料不足の影響で圧搾を一時的に停止している製糖工場=11日、宮糖伊良部工場

原料不足の影響で圧搾を一時的に停止している製糖工場=11日、宮糖伊良部工場

 長引く雨の影響で、宮古地区の製糖2工場は11日の圧搾も見送った。悪天候でハーベスターが稼動できずに原料(サトウキビ)が不足していることが要因。申し込み段階で機械刈りは全体収穫面積の78%に達しており、今後も天候をにらみながらの操業を余儀なくされる。各地で急伸している機械刈りが、大きな課題として浮上している。



 沖糖宮古工場は9日、宮糖伊良部工場は10日から圧搾作業を停止。宮糖城辺と宮糖多良間は稼動しているが、きょう12日以降の天候次第では停止措置を取らざるを得ない状況だ。


 沖糖宮古工場は12日から搬入を再開するが、圧搾そのものは早くても13日午後になる。ただ、天候次第では圧搾を見送る。


 同工場では「どうしようもない状況にある。天候の回復を待つしかない」などと話し、手の打ちようがない現状を指摘した。


 宮糖伊良部工場も12日まで圧搾はしない。「農家に迷惑を掛けることはできないので原料は搬入する。しかし工場を動かすかどうかは天候次第」とした。


 宮糖城辺工場はスロー運転ながらも圧搾を行っている。ただ、「3時間ごとに天気をチェックしながらの操業だ」と話し、天候次第では一時的に工場を停止せざるを得ないとした。


 宮糖多良間工場は7、8両日の稼動を停止して9日から再開した。10日で搬入1週間を迎えている。


 同社の概況によると搬入量は703㌧、平均糖度は12・80度と基準糖度帯(13・1~14・3度)に満たない品質が続いている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!