12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
イベント
2016年1月12日(火)9:03

NHKのど自慢20組熱唱

チャンピオンに奥平光矢さん(宮高1年)


チャンピオンに輝いた奥平光矢さん=11日、宮古毎日新聞社

チャンピオンに輝いた奥平光矢さん=11日、宮古毎日新聞社

 NHKの人気番組「のど自慢」の生放送が10日、マティダ市民劇場で行われた。予選を通過した20組が演歌などを熱唱。審査の結果、「八重山(やいま)」を歌った宮古高校1年生の奥平光矢(こうや)さん(15)=平良=がチャンピオンに輝いた。



 宮古島市市制施行10周年記念事業で実施された。宮古島では16年ぶりの開催。主催はNHK沖縄放送局と市。


 ベテランの小田切千アナウンサーが、軽快な司会で会場を終始盛り上げた。出場者とのやり取りでは励ましの言葉を掛けた。


 ゲストの五木ひろしさんが「夕陽燦燦」、水森かおりさんが「大和路の恋」を情感たっぷりに披露し、大勢のファンを魅了した。それぞれ持ち歌を出演者が歌い終わると、出演者に駆け寄り感謝と激励の言葉を掛けた。


 出演者らは「ひとり長良川」や「ふるさと」「田舎のバス」「花」などを歌い上げた。ユニークなパフォーマンスで会場で楽しませたりしていた。


 生放送が始まる前あいさつした下地敏彦市長は「昨年、宮古島市市制施行10周年を迎え、年間を通して記念行事を行ってきた。総仕上げが『NHKのど自慢』。皆さんと一緒に最後まで楽しみたい」と話した。


 NHK沖縄放送局の細田聡一郎局長が感謝の意を表した。


 のど自慢の生放送終了後、五木さんと水森さんがそれぞれ2曲ずつ歌を披露し、来場者らを喜ばせた。全国各地でも生放送が終わった後、ゲストが30分間にわたって持ち歌を熱唱しているという。


 のど自慢から一夜明けた11日、奥平君は取材に応じ「チャンピオンに選ばれた瞬間、信じられなかった。歌手の千昌夫さんが歌っている『八重山(やいま)』は、今は亡き祖父が僕が小さい時によく歌って聞かせていた」と振り返る。


 その上で「『のど自慢』が終わった後にお母さんから聞いて知ったことがある。僕が歌っている時、会場で応援していた祖母が祖父の遺影を掲げていたという」と語り、祖母に感謝していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!