04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
イベント
2016年1月12日(火)9:02

福嶺小仲良し4人組準優勝/キッズ野菜料理コンテスト

「卒業パーティーのメニューに」


キッズ料理コンテスト決勝大会で準優勝した「一生懸命がかっこいい!チーム」の西川昌吾君(前列右から2人目)ら=10日、浦添市の琉球調理師専修学校

キッズ料理コンテスト決勝大会で準優勝した「一生懸命がかっこいい!チーム」の西川昌吾君(前列右から2人目)ら=10日、浦添市の琉球調理師専修学校

 【那覇支社】】「大好きな人へ島ヤサイでおもてなしパーティー」をテーマに、第8回キッズ野菜料理コンテスト決勝大会(JAおきなわ主催)が10日、浦添市の琉球調理師専修学校で行われ、宮古地区代表の「一生懸命がかっこいい!」チームが準優勝に輝いた。



 メンバーは前回大会で優勝した幼馴染みで、福嶺小学校6年の西川昌吾君と西川耀渚(てるな)さん、池間暖(のん)さん、平一小学校6年の下地大知君。仲良し4人組は宮古島特産の紅いもを使ったイタリア料理の「パスタのパパイヤボロネーゼ」と「ワッフルパンのブルスケッタ風・島野菜の生春巻き」、「ヨーグルト・スティック」の3品を作った。


 審査講評では、「蒸した紅いもをつぶしてよく練ったり、ていねいに千切りにして湯通しするなど、手際の良さはプロ並みだと感心した。一生懸命に練習してきたことがよく分かった」と高い評価を得た。


 西川君は「二連覇を目指していたので、悔しい思いもあるがうれしい。麺の太さを同じにそろえるよう意識して頑張った。学校の卒業パーティーのメニューなどにも取り入れてほしい」と笑顔で話した。


 同コンクールは、こどもたちが地元の旬の野菜を選び、レシピ(献立)を考え調理することで、食や農の大切さを学ぶ姿勢を育成することを目的に毎年開催される。今大会には宮古を含む県内九つのファーマーズマーケットの地区予選を勝ち抜いた小学1~6年生で構成する10チーム37人が出場。地元産野菜や果物、魚、肉などを使った料理3品(主菜、副菜、デザート各1品)を、90分の制限時間内で完成させた。


 審査は島野菜の生かし方、味覚、創造性、子どもらしさ、チームワークなど8項目(80点満点)の総合点で競った。食材の5000円分をJAが負担した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!