04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2016年1月22日(金)9:05

元五輪選手の為末さん講演/市制10周年記念事業

来月21日に教育を語る市民大会


市の教育を語る市民大会の実施要項を発表する宮國教育長(中央)=21日、市役所城辺庁舎

市の教育を語る市民大会の実施要項を発表する宮國教育長(中央)=21日、市役所城辺庁舎

 宮古島市教育委員会の宮國博教育長は21日、市役所城辺庁舎で会見を開き、来月21日に市制施行10周年記念事業として行われる「2015年度市の教育を語る市民大会」の実施要項を発表した。基調講演では世界陸上の男子400㍍ハードルで二度銅メダルを獲得し、3大会連続でオリンピックに出場した為末大さん(37)が講話を行う。

 会見で宮國教育長は「為末さんは世界陸上、オリンピックで素晴らしい成績を残し、さらに企業に所属しながら競技を続ける選手が多い中、レースの賞金などで生計を立てるプロ陸上選手として活躍を続けた。人物的にも素晴らしい人柄なのでぜひ、多くの市民が会場に訪れて講演内容を聞いてほしい」と呼び掛けた。

 同大会は、教育に対する関心と理解を深めるとともに、市民全体で教育に関する取り組みを推進し、市の教育の充実と発展を図ることを目的に開催される。

 大会日程は、2月21日の午後1時30分開場、同2時開演。会場はマティダ市民劇場。当日は教育の日表彰として教育功労者、模範児童生徒の表彰も行われる。

 また、実践報告として15年度の学力向上に向けた各種取り組みも紹介される。

 為末さんは、広島県出身で、男子400㍍ハードルの選手として2001年の世界陸上で3位に入り、トラック競技で日本人初のメダルを獲得した。さらに、05年の世界陸上でも銅メダルを獲得している。

 そのほかにも、シドニー、アテネ、北京の3大会連続でオリンピックに出場。現在は、自ら立ち上げた法人組織を通じて、スポーツ社会、教育に関する活動を幅広く行っている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!