07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
政治・行政
2016年2月6日(土)9:04

トゥリバーに展開か/PAC3

PAC3の展開について説明をする石岡司令(左)=5日、市役所平良庁舎

PAC3の展開について説明をする石岡司令(左)=5日、市役所平良庁舎

 北朝鮮の事実上の弾道ミサイル発射予告で、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が宮古島市平良のトゥリバー地区に展開される方向で調整が進められている。5日、分屯基地の石岡顯一郎司令が下地敏彦市長に説明し、基地外での設置に理解と協力を求めた。下地市長は所有者との交渉を促し、一部の市有地については協議に応じる考えを示した。基地外での展開には、一部で強い反発も予想される。

 北朝鮮は、8日から25日の午前7時30分から午後0時30分(日本時間)までの間に弾道ミサイルを発射すると予告している。

 これを受けて4日、空自のPAC3を積んだ海上自衛隊の輸送艦が広島県呉市の呉基地から沖縄方面に向けて出港。宮古島の下崎埠頭(ふとう)には7日に到着するものとみられる。

 PAC3の展開に関する市長への説明は、冒頭以外は非公開で行われた。石岡司令は「(基地では)展開するスペースが狭い。一部の機材を、基地の外に展開したい」と話し、下地市長に理解と協力を求めた。

 面談後、下地市長が報道陣の取材に応じ、PAC3の展開場所としてトゥリバーを使用する意向が示されたという。これに下地市長は、トゥリバーの大部分が売却されているため、使用するに当たっては所有者と交渉するよう促した。

 下地市長は「一つは野原基地だが、工事中で全部が置けないから残りはトゥリバーでやりたいということだった」と説明した。

 12年12月に続くPAC3の展開には「市民の生命と財産を守るのが市長としての最大の責任。そのための方策として(PAC3)を配置する必要があるというのであれば、それは対応していきたい」と述べた。

 トゥリバーは、13年9月に防衛省がPAC3の展開地として調査を実施した候補地の一つ。この動きを受け、平和運動センター宮古島など2団体が市有地の使用を認めないよう下地市長に要請した経緯がある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!