07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
政治・行政
2016年2月12日(金)9:07

工事費さらに増額/スポーツ観光交流施設

設計変更で225万円上積み
きょうの臨時会に提案


着々と工事が進むスポーツ観光交流拠点施設。設計変更で工事の請負金額の増額が提案されることから膨大な事業費に議員の間で懸念が広がっている=平良下里・宮古空港東側

着々と工事が進むスポーツ観光交流拠点施設。設計変更で工事の請負金額の増額が提案されることから膨大な事業費に議員の間で懸念が広がっている=平良下里・宮古空港東側

 宮古空港東側で建設中のスポーツ観光交流拠点施設の工事費がさらに上積みされることが分かった。建設工事(建築2工区)請負契約の設計変更によるもので、請負金額13億7592万円を、225万1800円増の13億7817万1800円に変更する。12日開会の市議会(棚原芳樹議長)臨時会に「議決内容の一部変更」として提案される。一部議員からは、工事費用がさらに増額されるのではないかと懸念の声が上がっている。

 同施設の総事業費は当初計画で30億円だったが、建築資材の高騰や人件費の増加、消費税率アップにより約43億円に膨れ上がった。

 議員からは、一点集中型の予算編成で、他の事業へのしわ寄せを懸念。膨大な事業費に加え、ゲートボールやフットサルなどの限られた室内スポーツしか利用できないことなどから見直しを求めた経緯がある。

 市によると、総事業費の内訳は8割が一括交付金、残り2割が国からの借入金。借入金のうち1割は交付税措置されることから、実際の市の負担分は総事業費の1割だとしている。

 市は8日に市議に対し、請負金額の変更理由を説明。それによると、2015年度中に建設するアリーナ正面玄関部と、16年度発注予定の玄関前車寄せ部分のそれぞれ基礎部分に係る工事で、「工事を円滑にするために必要」と話した。

 これに対し、与党議員の垣花健志氏は「工事を進めるために必要な設計変更だと思うが、これまでにも金額がどんどん膨れ上がっていき、市民からも疑問の声がある。そういった中、設計変更して工事がさらに上がっていくのはいかがなものか。場合によっては今後も、さらに金額が上がっていくのか」とただした。

 長濱政治副市長は「現場で具体的に工事をしていくと、設計変更は避けて通れない部分がある。その辺はできるだけ抑えるような形を取らせていただく」と理解を求めた。

 同施設は昨年8月の市議会臨時会で、建設工事請負契約(建築、電気・機械設備総額約32億円)が賛成多数で可決されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!