04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
イベント
2016年2月13日(土)9:02

「うぁー、冷たい!」/雪だるまイベント

初めての雪に子供たち歓声


普段触れることのない雪の感触を体感する子供たち=11日、チャイルドサポートみやこ

普段触れることのない雪の感触を体感する子供たち=11日、チャイルドサポートみやこ

 雪だるまイベントが11日、平良下里にあるビザライのチャイルドサポートみやこ(勝連聖史代表)で行われた。約10組の親子が参加し、宮古島では触れることができない雪の感触を楽しんだ。雪が届くと、待ちきれない子供たちが「早く触りたい」と口にする中、広げられたビニールシートに雪が置かれると「うあー冷たい」とはしゃいでいた。

 崎濱青空(そら)さん(6)は「初めて触った。すごく冷たい!」と大喜び。池間誠弥君(6)の母親菜美子さんは「暖かい宮古島では少し違和感はあるが、子供が楽しそうで良かったと思う。もっとたくさんの雪の中で遊ばせてあげたい」と笑顔で息子が雪と遊ぶのを見守っていた。

 この日、北海道から届い雪は「雪だるま」を含み約20㌔。ありんこ文庫の池城かおりさんの友人が昨年、ありんこ文庫に雪を贈り好評だったことから、今年も実施した。今回、ありんこ文庫終了に伴い、チルドサポートみやこが同文庫の分室となったことから、行事を引き継いだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!