07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
イベント
2016年2月28日(日)9:07

レベルの高い演奏披露/全宮古吹奏楽祭

11団体270人が出演/優秀活動・演奏者表彰も


総勢270人が「アフリカン・シンフォニー」でフィナーレを飾った第29回全宮古吹奏楽祭=27日、マティダ市民劇場

総勢270人が「アフリカン・シンフォニー」でフィナーレを飾った第29回全宮古吹奏楽祭=27日、マティダ市民劇場

 第29回全宮古吹奏楽祭(主催・宮古地区吹奏楽連盟)が27日、マティダ市民劇場で開かれた。小、中、高、OBの計11団体約270人が出演。金管や木管、打楽器など、それぞれの楽器の特徴を生かしながら、レベルの高い演奏を披露した。目覚ましい活動や顕著な成績を上げた児童生徒たちを優秀活動者・演奏者として表彰した。

 2015年度は、第55回県吹奏楽コンクール(昨年7月)で平良中と宮古高校が金賞を受賞。第36回県吹奏楽アンサンブルコンテスト(昨年12月)では平良第一小金管五重奏と、平良中打楽器五重奏がそれぞれ金賞を獲得し、県代表に選ばれるなど実りある1年となった。

 この日の吹奏楽祭では、それぞれの学校が年間の集大成と位置付け。オープニングを飾った北小は「宇宙戦艦ヤマト」で息の合った演奏を繰り広げると、東小は「ベストヒットブラス2015」で迫力ある演奏を披露した。

 平良第一小は、ラテンナンバーの名作「エル・クンバンチェロ」を、南小は、スイングジャズの傑作「シング・シング・シング」で聴衆を引き付けた。

 県や九州大会出場で力を付けた北中、平良中が続くと、宮古高校は「フィンガー5コレクション」で貫禄の演奏を見せつけた。

 金管合唱団「響」や「うむっし鼓笛隊」、宮古吹奏楽OB会、石垣市民吹奏楽団は洗練された演奏で観客を魅了した。

 最後は、出演者全員で高校野球の応援歌でおなじみの「アフリカン・シンフォニー」を会場いっぱいに響かせてフィナーレを飾った。

 開会式で、宮古地区吹奏楽連盟の長濱隆会長は「来年は回の節目を迎える。小、中、高、OBとそれぞれの年齢層で、今後どのような音楽を奏でていくのか楽しみ。今や県代表になるのは珍しいことではない。これは周囲の応援のおかげ。今後とも支援をお願いしたい」とあいさつした。

 表彰されたのは次の皆さん。

 【優秀活動者賞】高良瑠菜▽砂川妃莉▽平良瞳来(以上、東小)▽松川裕梨▽砂川穂乃花▽金井結(以上、北小)▽砂川莉子▽村上真海▽友利累渚(以上、平良第一小)▽下地かりん▽狩俣璃々杏(以上、南小)▽宮城満里奈▽前里愛羅(以上、平良中)▽池原夢野▽藤原美央▽本村優樹(以上、北中)▽武富崇太▽池城ゆりか(以上、宮古高校)

 【優秀演奏者賞】平良中吹奏楽部、宮古高校吹奏楽部(第56回県吹奏楽コンクール金賞)平良第一小金管五重奏・管打八重奏、平良中打楽器五重奏・金管八重奏、北中金管八重奏、宮高クラリネット八重奏・金管八重奏(第回県吹奏楽アンサンブルコンテスト金賞)荷川取美南海(北中、マリンバ)、松原樹里(宮高、アルトサクソフォン)(第37回県吹奏楽ソロコンテスト金賞)平良第一小金管五重奏、平良中打楽器五重奏(第40回九州吹奏楽アンサンブルコンテスト銀賞)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!