07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2016年3月5日(土)9:06

歌三線で世代間交流/さんしんの日で各団体が演奏会

 3月4日の「さんしんの日」(主催・琉球放送など)にちなんだ演奏会が同日、県内のみならず、国内外で行われた。宮古地区でも各団体が歌三線を披露。会場には子供からお年寄りまでが訪れ、三線を通して世代間の交流を深めた。

宮古民謡保存協会


午後7時の時報に合わせて一斉に「かぎやで風節」を奏でた演奏会=4日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

午後7時の時報に合わせて一斉に「かぎやで風節」を奏でた演奏会=4日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

 宮古民謡保存協会(久貝哲雄会長)の演奏会は、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで開かれた。「かぎやで風節」で幕開けした演奏会は、宮古民謡を中心に10曲余りが披露された。

 同保存協会の会員は約120人。最年少は幼稚園、最年長は80代で、幅広い活動を展開している。
 この日の演奏会には会員や三線愛好家ら約100人が参加した。
 久貝会長は「普段は各教室で練習しているが、一堂に会して演奏するのはこの日だけ。楽しく三線を弾こう」と呼び掛けた。
 演奏会では、宮古民謡を代表する「豊年の歌」や「なりやまあやぐ」などを披露。時にはゆったりと、時にはテンポの速い曲で会場に音色を響かせた。
 宮崎県出身の永住美月さん(平良中1年)は、なりやまあやぐまつりで3回入賞するなど、腕前は上級者レベル。「弾けなかった曲が弾けるとうれしい」と笑顔を見せた。
 誕生日プレゼントされたという三線を持って父親と一緒に参加した亀川拓人君(久松小2年)は、「なりやまあやぐが得意。父さんと一緒に練習しています」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!