04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2016年3月12日(土)9:03

3・11で鎮魂セレモニー/市民集い支援ソング合唱

復興への願いを込め「花は咲く」を合唱する参加者ら=11日、市内のホテル

復興への願いを込め「花は咲く」を合唱する参加者ら=11日、市内のホテル

 東日本大震災から5年目となる11日、全国で被災者の鎮魂と復興を願うセレモニーが行われた。宮古島でも市民が集い復興支援ソングを合唱し、鎮魂と復興への祈りを捧げた。

 東日本大震災が発生した3月11日に合わせたこのセレモニーは、全国各地で同時開催されているもので今年で5回目。

 宮古地区でも昨年から実施されており、今年の会場となった伊良部佐和田のホテルには市民ら30人が集った。

 北海道から沖縄まで、全国16カ所で震災の発生した午後2時46分にあわせて行われたセレモニーは、全員が被災地の方向を向いて黙とう後、ピアノ伴奏にあわせて「ふるさと」、そして復興支援ソングの「花は咲く」を祈りを込めつつ合唱した。

 震災後、福島から宮古島に避難し、セレモニーに参加した鎌田昭三さんは「5年経っても現状は変わらない。果たして戻れるのか。むしろ退化しているように思える。地域によって復興の度合いに格差が生じており、現状を思うと安易に復興という言葉さえ使えない。あえて言えば100年はかかるかな」と厳しい復興の現状にやるせなさを示しつつも、心からの復興を願っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!