06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
社会・全般
2016年3月13日(日)9:05

15㍍のラワン材が漂着/24本確認

池間から保良まで12カ所/海保、注意呼び掛け


池間島に漂着したラワン材=12日、カギンミ

池間島に漂着したラワン材=12日、カギンミ

 宮古島の海岸に長さ15㍍ほどのラワン材が漂着している。池間島から保良漁港まで、島の東側の海岸(通称・北海岸)沿い12カ所の海岸に漂着したラワン材は11日までに合わせて24本確認された。池間島のカギンミに漂着した2本のラワン材は直径50~60㌢、長さは約15㍍。八重山地区全体ではこれまでに同じようなラワン材約100本の漂着が確認されている。宮古島海上保安署は、まだラワン材が漂流している可能性があるため、船舶の航行には十分注意するよう呼び掛けている。



 ラワン材は、パプアニューギニアから中国に向け航行中だった材木運搬船「FU LONG」(総トン数約5000㌧、パナマ船籍)から流失した。


 同船は1月14日、石垣島の南西約110㌔の沖合で荷崩れを起こし、その後沈没。流失したラワン材の数は推定で約560本。さに沈没した同船船倉には約1000本残っているという。


 乗組員17人(中国籍)は、荷崩れを起こし船体が傾いた段階で、付近を航行中の貨物船に全員救助され無事だった。その後、第11管区海上保安本部石垣航空基地のヘリで石垣に搬送された。


 漂着したラワン材1本1本の切り口に、ペンキのようなもので番号が書かれていたことから、それが同船の積荷であると判別した。


 荷主は所有権を放棄しておらず、保険でラワン材を回収するとしている。


 宮古島海上保安署は2月26日、平良から沖縄本島向けに航行していたタンカーから「池間島灯台の北東約65㌔の海域で木材1本が漂流しているとの通報を受け、同日「航行警報」などを発表し、船舶に注意を促した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!