04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
イベント
2016年3月21日(月)9:03

笑顔テーマに10時間走/10RUN2016

高校生ら100人 震災被災者支援に全力


互いに協力し合いながら10時間完走を成し遂げた参加者たち=20日、市陸上競技場

互いに協力し合いながら10時間完走を成し遂げた参加者たち=20日、市陸上競技場

 高校生がリレー方式で10時間走り続けるチャリティーフェスタ「10RUN(ワン・オー・ラン) 2016」が20日、市陸上競技場で行われた。今年は宮古総合実業高校と宮古工業高校の生徒13人と飛び入りを含む市民延べ100人が力走し、午前9時から午後7時までの10時間で計855周走った。周回数に応じて協賛企業や個人から寄せられる募金は後日、東日本大震災の被災者や「子宮頸(けい)がんワクチン副反応被害者を支える会」などに寄付される。

 今回の10RUNのテーマは「笑顔」。参加者一人一人が東日本大震災の被災地への思いを込めて走り続けた。

 午前9時に一斉にスタート。編成されたチームごとに一周400㍍のトラックを一人100㍍ずつ走ってリレーを続けた。

 参加者は、少しでも周回数を重ねて多くの募金を集めようと力走。互いに励まし合いながら10時間走の達成を目指した。

 午後7時になると、参加者たちは全員でウイニングランを行い、ゴールテープを切って喜びを分かち合った。

 参加者たちは、長かった10時間を振り返りながら笑顔で「よく頑張った」「きつかったけど、楽しかった」などと感想を述べ合いながら、達成感をかみ締めた。

 10RUNの川満好史責任者は「このイベントは運営も含め、あくまでも高校生たちが主役。しかし、私たち大人が側面ではしっかりサポートしていることを理解してほしい。来年もこの時期に開催したいと思う。他のイベントの状況を見ながら、多くの高校生が参加するイベントにしたい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!