06/13
2024
Thu
旧暦:5月8日 赤口 戊 
教育・文化
2016年3月25日(金)9:04

国公立大(後期)3人合格/宮古高校

今年度30人に、平成入り最多


国公立大学一般入試後期で合格した松川君(左から2人目)と砂川さん(同3人目)。左端は渡久地教諭、右端は大城教諭=24日、宮高

国公立大学一般入試後期で合格した松川君(左から2人目)と砂川さん(同3人目)。左端は渡久地教諭、右端は大城教諭=24日、宮高

 宮古高校(本村博之校長)は24日、国公立大学一般入試(後期)で3人の合格者が出たと発表し同日、同校で報告会を開いた。今年度の国公立大学合格者数はAO(自己推薦型入試)推薦入試11人、一般入試前期16人を合わせて計30人となり、同校によると平成に入ってからは過去最多。「合格者30人以上」の目標も達成した。

 報告会は同校校長室で行われ、琉球大学法文学部総合社会システム学科法学専攻に合格した松川拡倫(ひろみち)君(北中卒)は「大学で学ぶ専門科目と同じように、さまざまな知識も吸収していきたい」と意気込みを示した。

 首都大学東京健康福祉学部作業療法学科に合格した砂川侑理子さん(久松中卒)は「大学で学んだことを生かして、支えてくれた人たちに恩返しをしたい」と決意を語った。

 松川君の担任、渡久地樹(たつき)教諭は「後期対策もしっかりとやった。まじめな性格で、大学に進んでも頑張ってほしい」、砂川さんの担任、大城貴洋(たかひろ)教諭は「本人の粘りが実を結んだ。誇りある生徒です」とそれぞれ教え子たちをたたえた。

 本村校長は「粘り強く取り組んだ結果。素直な性格はこれからも伸びていく。今後も頑張って、良い大学生活を送ってほしい」と激励した。

 琉球大学理学部物質地球科学科物理専攻に合格した池間研人君(平良中卒)は、進学準備のため欠席した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!