02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
政治・行政
2016年4月1日(金)9:04

きょうから本格稼働/新ごみ焼却施設

1日63㌧処理、環境にも配慮


きょう1日から本格稼働する新ごみ焼却施設=31日、平良西仲宗根

きょう1日から本格稼働する新ごみ焼却施設=31日、平良西仲宗根

 市新ごみ焼却施設(市クリーンセンター、平良西仲宗根)が1日から本格稼働する。現施設の北東方向に隣接し、地下1階、地上5階で、建築面積は焼却棟が2520平方㍍、管理棟が583平方㍍。1日63㌧の処理能力を持つ。建設費は約32億6000万円。現施設と比べ、ごみの臭気に配慮した設計となっていて、騒音防止対策も施されている。すべてのごみが建屋内で処理されるため外部からごみが見えることはなくなる。旧施設は1977年に建設され、築38年が経過し老朽化が指摘されていた。

 新施設は、1日16時間の准連続運転のストーカ方式で、焼却炉2基を設置。最新の技術で公害防止と環境保全を最優先し、安心で安定的なごみ処理を実現した。

 また、自然環境への配慮や周辺環境ともマッチした施設となっている。

 施設へのごみ搬入時間は午前8時30分~正午までと、午後1時~同5時までとなっている。日曜日は定休。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!