06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
教育・文化
2016年4月22日(金)9:03

嘉手川さん、九州大会へ/宮高美術部

絵画作品が県で優秀賞


作品とともに九州大会に出場する嘉手川さん=21日、宮古高校

作品とともに九州大会に出場する嘉手川さん=21日、宮古高校

 宮古高校(平良智枝子校長)で21日、美術部2年の嘉手川彩音さんと絵画作品が第22回九州高等学校文化連盟美術・工芸、書道、写真展(長崎大会)に県代表として出場すると発表した。

 嘉手川さんの作品は昨年11月に行われた第39回県高等学校総合文化祭(主催・県高等学校文化連盟)で優秀賞に選ばれた。作品の題名は「ENORMOUS」(巨大な)。「前から歯車を描きたかった。今回、頭の中にあった世界観を表現した」。作品は巨大な歯車と小さな人間が巧みに配置されている。

 嘉手川さんは「最近、地震などの災害がある。大きな歯車が、地球を動かしているのではと感じ、このテーマにした」と話した。

 九州大会に向け平良校長は「これまでの努力と感性を磨いてきたことが、今回の結果につながった。大会では県を代表する高いレベルの人が集まる。他の作品からもいろいろ学び、交流を通して友人も作って、今後も切磋琢磨して欲しい」と激励した。

 嘉手川さんは「離島では受けられないような刺激があると思う。自分の感性を磨き、身に付け次の作品作りに生かしたい。大会で学んだことを後輩や同級生と共有して、美術部の活性化につなげたい」と抱負を述べた。

 九州大会は出場する生徒が交流を深めながら、1班10人のグループで共同制作し、一つの作品を完成させる。作品は長崎の路線バスの車体に描かれる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!