08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
環境・エコ
2016年4月27日(水)9:04

エコ化、補助金活用を/県、NPO

観光施設等対象に説明会


エコ化促進に関する補助金の概要を説明する県やNPOの担当者=26日、県宮古合同庁舎

エコ化促進に関する補助金の概要を説明する県やNPOの担当者=26日、県宮古合同庁舎

 施設に環境対策を施すホテルや旅館を支援する県の補助金事業の説明会が26日午後、県宮古合同庁舎で開かれた。県やNPOが補助金の概要や申請方法を説明して活用を呼び掛けた。同事業は5年目。これまでに県全体で約40社を採択しているが、宮古地区は3件にとどまっている。

 同事業は、観光施設において環境対策を促進することが狙い。エコ化にかかる経費の一部を補助し、地球温暖化対策を推進する。

 補助対象事業は大きく分けて①省エネ設備等導入事業②LNGサテライト導入事業-の二つ。省エネ事業は省エネや再生可能エネルギー設備、その他環境対策に資する設備の導入が挙げられる。LNG(液化天然ガス)設備を導入する観光施設が対象となる。

 補助率は省エネ設備が補助対象経費の3分の1以内で上限は1500万円。LNGは2分の1以内、上限は5000万円となる。

 一般公募を行った後、審査委員会で補助金交付団体を決める。公募は18日から始まっており、来月27日まで申請を受け付ける。交付決定は7月上旬を予定。

 説明会で県環境再生課の宮良信一郎主査は「補助金を活用し、環境対策に関する業界の先進的なモデル企業になってくれることを期待している」と述べた。

 事業に関する詳細は県環境再生課(電話098・866・2064)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!