01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
イベント
2016年5月2日(月)9:05

きょうから台琉親善ヨットレース/歓迎・交流会

国内外から21艇が出場


歓迎・交流会で乾杯する出場者ら=1日、平良荷川取漁港内の公園

歓迎・交流会で乾杯する出場者ら=1日、平良荷川取漁港内の公園

 2016琉球王朝杯第15回台琉友好親善国際ヨットレース(主催・同実行委員会)が2日から始まる。宮古の3艇を含む沖縄本島や台湾、香港から計21艇(約160人)が出場し、4レースの合計タイムで争う。レースを前にした1日、平良荷川取漁港内の公園で歓迎・交流会が行われ、出場者らが健闘を誓い合った。

 レースは砂山ビーチ沖と宮古島海中公園沖に立てられたブイを周回する「ポイントレース」(10マイル、約19㌔)で開幕。3日の第2レースは宮古-石垣(80マイル、約150㌔)、5日の第3レースは石垣-台湾・基隆(137マイル、約253㌔)、7日の第4レースは基隆島一周(10マイル、約19㌔)で実施され、総合タイムで優勝を争う。

 歓迎・交流会で実行委員長の渡真利将博さんは「海を越えて交流できることを誇りに思う。これからもそれぞれの地で交流の輪が広がることを期待する」とあいさつした。

 長濱政治副市長と、観光協会の豊見山健児会長は安全で快適なレースに期待。今年は台湾などからのクルーズ船が増えていることを紹介した上で「この大会がますます発展していくようサポートしていきたい」と歓迎の気持ちを表した。

 垣花和彦市観光商工局長の乾杯の音頭で、出場者全員が健闘を誓った。

 野外ステージでは、太鼓演舞や三線演奏が繰り広げられ、出場者たちはバーベキュースタイルで交流を深めていた。

 ヨットレースは台湾と歴史的に深いつながりのある沖縄、特に宮古、八重山との国際交流を図ろうと1998年に石垣市を中心に、第1回大会が開催された。その後、隔年ごとに石垣島と宮古島で交互に開催されている。

 宮古島では、2007年の宮古島市と基隆市との姉妹都市提携を機に、互いの交流を深めるイベントとして過去5回開催されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!