06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
社会・全般
2016年5月2日(月)9:02

保育士不足解消へ/受講生60人

試験対策講座スタート/受講生60人


保育士試験対策講座が始まった。60人が保育士を目指す=1日、市働く女性の家

保育士試験対策講座が始まった。60人が保育士を目指す=1日、市働く女性の家

 保育士不足と待機児童の解消を狙う市の2016年度保育士試験対策講座が1日、始まった。受講者は60人。10月に実施される試験に向けて、前期全12回72時間の講座を受けて資格取得を目指す。講師で社会福祉士の平良純子さんは「皆さんの力が必要」と述べ、受講に伴うスキルアップと資格取得に期待を込めた。

 市の講座は昨年に続いて2回目。定員は40人に設定していたが、希望者が100人を超えたことから定員枠を拡大。新規38人、継続22人の計60人で第2期講座をスタートさせた。

 新規の初回講座を担当したのが社会福祉士の平良さん。保育に関する国内や県内の現状を説明し「宮古島市では保育施設が拡充されているが、保育士が十分ではない」と指摘した。待機児童の解消に向けて「皆さんの力が必要。一緒に頑張りたい」と述べた。

 保育に関する国の制度や暫定措置のほか筆記、実技試験の流れも説明。「保育士の確保は加速度的に進んでいる。国の対応のスピードが速い」とした。合格率は全国平均19・3%、沖縄平均13%と紹介。「1年で合格しようと思うとハードルは高い。ただ、可能性はゼロではない」と話し、受講生の士気を高めた。

 受講生は今後、10月に実施される試験に向けて保育原理や社会的養護、児童家庭福祉、保育の心理学、子どもの食と栄養など保育全般の知識を深める。

 資格取得をサポートする講座は、前期全12回と後期全14回(84時間)実施。受験する際には渡航費として最大7万5000円の補助を受けることができる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!