04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
スポーツ
2016年5月5日(木)9:06

宮古島卓球クラブ3連覇/ホープス県予選

個人でも牧志(南星)頂点/宮古の子供が大活躍、全国へ


女子で団体優勝した宮古島卓球クラブのメンバー(前列の3人)と男子ホープス優勝の牧志(同左)。後列右から女子カブ準優勝の砂川、同3位の宮国、男子カブ3位の方=4日、平良東仲宗根の練習場

女子で団体優勝した宮古島卓球クラブのメンバー(前列の3人)と男子ホープス優勝の牧志(同左)。後列右から女子カブ準優勝の砂川、同3位の宮国、男子カブ3位の方=4日、平良東仲宗根の練習場

 第34回全国ホープス卓球大会県予選(主催・県卓球協会)は1日、県総合運動公園体育館で行われ、女子団体戦で宮古島卓球クラブA(宮国悠乃、砂川風子、池間夢良)が優勝した。前身の「宮古南星クラブ」時代を含めて3連覇を達成した。個人戦でも男子ホープス(12歳以下)で牧志侑武(宮古南星)が優勝。同女子では宮国悠乃(宮古島卓球クラブA)、女子カブ(10歳以下)では砂川藍衣(宮古南星)がそれぞれ準優勝するなど、宮古勢の活躍が光った。


 女子団体優勝の宮古島卓球クラブは、8月に東京で行われる全国大会への出場権を獲得。また、個人2位以上の選手は、神戸で7月に開催される全国大会に県代表として出場する。

 そのほか宮古勢は、個人戦男子カブで方祥人(宮古南星)、同女子で宮国由梨乃(宮古島卓球クラブ)が3位となった。

 団体戦優勝の宮古島卓球クラブと、個人戦ホープス優勝の牧志が4日、平良東仲宗根にある練習場で喜びの報告を行った。

 同クラブのエースで、個人戦でも準優勝した宮国は「3連覇は狙っていた。メンバー3人とも調子良く、声もよく出ていた」と大会を振り返った。

 全国大会では初の予選リーグ突破が目標。「チームワークを強化し、個人的にはドライブをもっと練習して臨みたい」と話した。

 同クラブの池間祐治監督は「メンバーは幼少のころから始めた子が多く、練習時間も他のクラブと比較しても多い」と強さの秘訣(ひけつ)を明かした。

 牧志は、同大会通算3度目の優勝。決勝リーグでは「優勝を狙っていた」との言葉通り、ライバルを次々と破って3戦全勝と実力を見せつけた。

 関係者によると攻撃にも守備にも優れる、オールラウンドプレーヤー。全国に向け牧志は「チャンスボールを確実に決められるよう練習に励みたい」と話し、ベスト8入りを目標に掲げた。

 宮古南星の与那覇健一監督は「練習を重ねて、全国では先輩たちの成績を上回ってほしい」と期待した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!