02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2016年5月7日(土)9:04

あす「ゴーヤーの日」

あたらす市 1袋50円で販売へ/実行委PR


「ゴーヤーの日」キャンペーンをアピールする実行委員会の新城委員長(左から3人目)ら=6日、JAあたらす市場前

「ゴーヤーの日」キャンペーンをアピールする実行委員会の新城委員長(左から3人目)ら=6日、JAあたらす市場前

 あす5月8日は「ゴーヤーの日」。宮古地区ゴーヤーの日実行委員会は6日午後、JAファーマーズマーケットあたらす市場前で会見を開き、8日に同市場で開くイベントの内容を告知するとともに、多くの来場を呼び掛けた。今年はゴーヤー1袋(500㌘前後)を50円で販売、約2000袋を準備する。

 ゴーヤーの日は1997年に県などが制定。語呂合わせと、生産量が増え始めるこの時期を選んで「5月8日」に決定した。この日は県内各地でゴーヤーの消費拡大を狙ったキャンペーンが実施されている。

 一袋50円のゴーヤー販売は午前9時にスタート。買えるのは1人3袋まで。

 このほか、JA宮古地区女性部、みゃーくの味加工推進協議会、ティダヌファんまがぬやによるゴーヤーを活用した加工品の試食、販売も行われる。

 実行委員会の新城武一郎委員長(JAおきなわ宮古地区本部長)は「今回で19回目となるこのイベントは毎年、多くの消費者に喜ばれている。宮古のゴーヤーは生産量、販売金額とも県内1位の実績を誇っている。このイベントを通してさらに消費拡大を図りたい」とあいさつした。

 同実行委によると、2015年度におけるゴーヤーの出荷量は、788㌧。販売金額が約3億3000万円で、出荷量はJAおきなわ全体の40%を占め、販売金額は45%を占めるとしている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!