06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
社会・全般
2016年5月8日(日)9:06

11月に宮古で県大会/地区PTA連合会総会

1000人が来島予定/友利会長、成功に期待


新年度予算などを承認した参加者ら=7日、下地農村環境改善センター

新年度予算などを承認した参加者ら=7日、下地農村環境改善センター

 宮古地区PTA連合会(友利正治会長)の定期総会が7日、下地農村環境改善センターで開かれた。多数の会員らが参加し、2016年度予算など6議案を承認した。任期満了に伴う役員改選で友利会長を再任。任期は1年。県PTA研究大会が11月に宮古島で開催されることから、その大会の成功を誓い合った。

 友利会長は「いよいよ6年に一度の沖縄県PTA研究大会が、宮古地区で開催される。今回は製糖時期を外しての開催となり、11月26、27日に予定している。宮古地区のおもてなしを、宮古地区の良さを約1000名の来島者の皆様に体験していただきたいと思う」と述べ、会員、行政、地域が1つになって取り組んでいくことに期待を込めた。

 県PTA連合会の宮城光秀会長は「少し先の話であるが、平成31年度の童話・お話・意見発表大会は70回の記念大会を宮古地区で開催する予定。宮古地区では初開催となる」と語り、大会に向けての取り組みを願った。

 次いで来賓で出席した宮古教育事務所の下地政昭所長、市教育委員会の宮國博教育長、宮古地区中学校長会の宮国敏弘会長がそれぞれあいさつした。 

 15年度決算では次年度に4万円を繰り越し。16年度予算では歳入歳出ともに222万8000円とした。

 新年度の事業計画では、重点努力目標として▽単位PTAおよび関係機関との組織的な連帯を深め、たくましく生きる力と思いやりの心を持つ子供を育む活動に努める▽子育ての基本は家庭にあることを再認識し、基本的生活リズムの確立、人を思いやる心を持ち、命を大切にし粘り強く生き抜く子供を育む活動に努めるーなどを盛り込んだ。

 市教育委員の野原敏之さんが「子どもの未来力を育てる」と題して講演した。

 新役員は次の通り。
 会長=友利正治(再任、鏡原中)▽副会長=下地孝司(同、平良中)源河雅人(同、東小)平安英子(新任、砂川中)亀川昌彦(同、平良中校長)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!