01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
スポーツ
2016年5月8日(日)9:05

全国強豪相手に8強入り/村田兆治旗少年野球

初出場の平一レンジャーズ

 第9回村田兆治旗争奪少年野球三原市大会(主催・広島県三原市軟式野球連盟)が3~5日の3日間、広島県内の各球場で行われ、県代表として出場した平一レンジャーズ(平良第一小学校高学年野球チーム)が初出場でベスト8入りを果たした。

 惜しくもベスト4入りは逃したが、全国の強豪相手に思う存分に力を発揮。チーム関係者は「初の県外派遣でのベスト8入りは、選手たちにとって大きな自信になった」と快挙を喜んでいる。

 大会には全国から48チームが出場。平一レンジャーズは1、2回戦で地元三原市のチームをそれぞれ5-1、5-3で破った。

 3回戦の島根代表とは1-1のまま決着がつかず、特別ルール(くじ引き)が適用されると、運も味方にして8強入りした。

 ベスト4を懸けた準々決勝では、徳島のチームに2-3で惜しくも敗れた。

 メンバーは5日に帰島。宮古空港で行われた報告会で平良真吾監督は「初めての県外派遣で、選手一人一人が緊張しており、どういう試合になるか心配だった。しかし、それぞれが持ち味を発揮し、ベスト8という結果で終えることができた。子供たちにとっても自信がついた大会となった」と報告した。

 キャプテンで捕手の大田祐気君(6年)は「皆さんの応援のおかげで、準々決勝まで戦うことができた。夏の宮古地区大会も優勝目指して頑張るので、応援よろしくお願いします」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!