04/24
2024
Wed
旧暦:3月15日 大安 丁 
イベント
2016年5月9日(月)9:03

情感たっぷり観客魅了/古波蔵峰子独演会「報恩」

300人が多彩な演目


古波蔵峰子さん(右)が歌・三線、下里恵さんが箏で西原古民謡「かりゅうのあやぐ」を披露した=8日、マティダ市民劇場

古波蔵峰子さん(右)が歌・三線、下里恵さんが箏で西原古民謡「かりゅうのあやぐ」を披露した=8日、マティダ市民劇場

 古波蔵峰子独演会「報恩」(主催・同実行委員会、後援・市教育委員会。市文化協会、宮古毎日新聞社ほか)が8日、マティダ市民劇場で開催され、総勢約300人が多彩な演目を披露した。琉球古典音楽野村流保存会の師範、古波蔵さんは、故郷西原地区の西原古民謡「かりゅうのあやぐ」を情感たっぷりに歌い上げ、観客を魅了した。

 独演会は2部で構成。1部では、荘重な古典音楽斉唱「かぎやで風節 恩納節 安波節」、舞踊「かせかけ」、民俗芸能の「宮古月の綾語」「西原のクイチャー」などを紹介した。

 2部では、古典音楽斉唱「松竹梅」や舞踊で「豊年のあやぐ」「根間の主」「西原東里真中」「高平良萬歳」などを繰り広げた。民謡・三線・箏・笛・胡弓・太鼓の魅力を披露し、観客らに感動を与えた。

 古波蔵さんは1956(昭和31)年生まれで、この日の独演会は還暦記念公演とされる。

 1998年より同保存会宮古島支部長として活躍し、宮古地域における琉球古典音楽の普及拡大に大きく貢献している。これまでに沖縄タイムス芸術選賞(三線)新人賞、優秀賞、最高賞、グランプリ、芸術選賞奨励賞を受賞。2015年には沖縄県伝統音楽野村流保存会伝承者に認定される。その技能・活動は高く評価されている。独演会では、レベルの高い歌・三線に観客らは酔いしれた。


西原地区の同級生らがスタッフで協力し支えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!