02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
社会・全般
2016年5月9日(月)9:05

庭造りの楽しさ再発見/グリーン部会主催

緑の街角賞入賞宅見学会


庭造りの楽しさ再発見した緑の街角賞入賞者宅見学会=8日、平良荷川取の志堅原朝善さんの庭

庭造りの楽しさ再発見した緑の街角賞入賞者宅見学会=8日、平良荷川取の志堅原朝善さんの庭

 宮古島市市民運動実践協議会グリーン部会(友利吉博会長)は8日、緑の街角賞入賞者宅の見学会を実施した。市民と同部会のメンバー約40人が参加。家族で庭造りを楽しんでいる人たちからポイントや工夫などを聞き、庭造りの楽しさを再発見した様子だった。

 同部会の友利会長が解説役を務め、緑の街角賞や植栽美化賞、緑化推進賞、緑化美化賞に輝いた庭をバスで巡った。

 このうち、1995年に緑の街角賞に輝いた志堅原朝善さん(平良荷川取)の庭は、トラパーチンの飛び石やレンギョウ、リュウキュウマツなどがバランス良く配置され、きめ細やかな美しい庭を造っている。

 志堅原さんは、家を新築した時から庭造りを始めたと言い「高低差を付けてメリハリのある庭造りを心掛けている」と話した。

 自慢は庭中央にあるブーゲンビレアで、白い花が満開になると孫が「チョウチョウが止まっているみたい」と喜んでくれるという。

 志堅原さんは「花いっぱい運動は行政に頼らず、通り会の皆さんとコツコツと花を植えたり育てたりすることが大事」と語った。

 グリーン部会長の友利さんは「緑の街角賞を受賞すると、隣近所に波及していき、通り会が緑豊かな空間に生まれ変わる。この賞の狙いはここにある」と話した。

 隣近所の人たちを誘って参加したという砂川泰忠さん(65)=平良東仲宗根=は「手入れの仕方など参考になる。庭造りを通して、隣近所ともつながっていける」と笑顔だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!