02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2016年5月11日(水)9:02

E3販売、一時停止/エコの島に打撃 

基材ガソリン調達できず


「E3」の販売を一時的に停止している=10日、市内のガソリンスタンド

「E3」の販売を一時的に停止している=10日、市内のガソリンスタンド

基材ガソリンとバイオエタノールを混合して製造する自動車用燃料「E3」の販売が一時的に停止されている。基材ガソリンの供給元企業が石油販売事業から撤退したためだ。供給が途絶え、在庫も尽きたために販売を停止した。市によると6月をめどに再開が期待されているが、「現段階では不透明」だという。当面の措置としてレギュラーガソリンを販売している。


市によると、南西石油が石油製品販売から撤退したことで基材ガソリンの安定供給がストップ。先行きは見通せないという。


E3を販売する給油所は宮古島市を含めて県内に57カ所あるが、いずれも基材ガソリンの調達に苦慮。E3の販売を一時停止するなどして対応している。


宮古島市のスタンドは2週間ほど前からレギュラーガソリンに切り替えることを告知しており、市民に理解を呼び掛けている。


今後は、基材ガソリンの安定供給に向けて具体策が打ち出せるかどうかがE3継続の焦点になる。国を含めて、E3をめぐる関係機関の対応が注目される。


E3は、沖縄本島から調達する基材ガソリンと、宮古島のサトウキビから製造しているバイオエタノールの混合物。バイオエタノールの副産物「液肥」も有効に活用されている。


市エコアイランド推進課では「プレミアム商品券等で認知度も上がっていたところだった。高まっている市民の環境意識がしぼんでしまわないかが心配だ」と懸念。ただ、近くE3に頼らないバイオエタノールの活用を検討する委員会を立ち上げるとし、「伸びる雰囲気はある」と期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!