02/27
2024
Tue
旧暦:1月18日 赤口 辛 
社会・全般
2016年5月13日(金)9:06

ネット関連被害が最多/15年度消費生活センター

相談件数239件で前年比増/不当、架空請求など


15年度の相談件数を発表する県消費生活センター宮古分室の川満分室長(左)と専門相談員の仲里さん(中央)ら=12日、県宮古合同庁舎

15年度の相談件数を発表する県消費生活センター宮古分室の川満分室長(左)と専門相談員の仲里さん(中央)ら=12日、県宮古合同庁舎

 県消費生活センター宮古分室は12日、宮古地区における2015年度の相談件数を発表した。総件数は239件で、前年度より3%増えた。内訳を見るとインターネット関連被害が最多の47件。アダルトサイトの閲覧における不当請求のほか、身に覚えのない架空請求などがあった。光回線契約に関するトラブルも増加傾向にある。同分室は「まずは相談してほしい」と呼び掛けている。

 アダルトサイトや出会い系サイト、サイト利用料に関する相談は「放送・コンテンツ」に分類される。いずれもインターネットの利用が絡む事案だ。

 3~4年前まではサラ金関係の相談が断トツだったが、近年はこれら放送・コンテンツ関係がサラ金を上回る状況が続いている。

 相談の内容は、サイト内の「無料」をクリックすると請求画面に変わったことなどが挙げられる。

 最近は連絡先まで記入されているとされるが、同分室では「不用意に電話をかけてはいけない」と注意を促す。「『無料』表示がある場合は契約が成立しないことがある。電話で個人情報をさらしてトラブルを拡大させる前に、まずは相談してほしい」とした。

 2番目に多かった相談はフリーローン、サラ金。出資法の改正等によって落ち着いているが、今も被害相談件数の上位を占める。

 4番目に多い相談がインターネット通信サービス関係。主にネット環境の整備で、光回線の契約に関するトラブルが増えている。電話勧誘を受け、パソコンを使って光回線を契約した後に苦情を訴えている。利用料金や従前のプロバイダー解除に伴う違約金関係の相談が多いという。

 こういった事案に対し同分室では「契約する前によく考えてほしい」と、契約内容を理解しないまま安易に判断しないよう促した。

 15年度の相談件数は、同分室の川満勝也分室長と専門相談員の仲里タカ子さんが12日の会見で発表した。

 一連の被害に遭った場合は「私だけが…恥ずかしいと思わないこと」と一人で悩まないよう助言。「相談をすることでトラブルの拡大を防いだり、解決したりできる。相談が一つの事例となり、別の人を助けることにもなる」と話し、消費生活センター宮古分室の日常的な利用を勧めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!