02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2016年5月14日(土)9:06

総売上高ピーク時から4割減/県内泡盛

最新決算169億円余/販売減少に歯止めも

 【那覇支社】東京商工リサーチは13日までに、宮古地区の6社を含む県内全ての泡盛メーカー45社について実施した経営分析の結果を発表した。2014年12月期~15年12月期を対象とした最新の総売上高は、推計値を含めて合計169億2232万円で、各社のこれまで最も多かった総売上高(推計値含む)の合計299億9616万円から43・6%減少した。一方、前期の決算と比較できる36社のうち14社では対前年比で売上高を維持しており、泡盛販売の減少に歯止めが掛かってきた部分もあるとしている。

 分析は、売上高などを公表する泡盛メーカーが少ない中、同社が独自に行った。

 同社によると、ほとんどの酒造所では、泡盛と「もろみ酢」のブームが重なった2003年から05年にかけて、過去最高の売上高を記録。その後、ブームが過ぎたことや、県内9社で古酒表示違反があったことなどにより低下傾向が続いていた。

 各メーカーの最新の売上高(推計値含む)で最高は25億円。10億円を超えるのは4社、1億円未満は約半数の24社で、最少は1500万円だった。

 最新の利益(推計値含む)が判明した32社では、利益が1億円を超えたのは1社で、1千万円以上1億円未満が5社、1千万円未満が21社。赤字は5社だった。過去最高益が判明した24社では、最盛期に10社が1億円以上の利益があったと分析しており、売上高の減少に連動して利益額も縮小している。

 45社の合計売上高を従業員数で割った1人当たりの売上高は、全社平均で1918万6000円だった。最高は5428万9000円、最少は367万円で、1000万円を下回ったのは10社だった。

 宮古地区での泡盛メーカーは▽池間酒造▽沖之光酒造▽菊之露酒造▽多良川▽渡久山酒造▽宮の華-の6社。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!