04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2016年5月15日(日)9:03

さらに魅力発揮へ/宮古島ロータリークラブ 50周年記念式典


宮里会長のあいさつに拍手を送る出席者たち=14日、市内のホテル

宮里会長のあいさつに拍手を送る出席者たち=14日、市内のホテル

 宮古島ロータリークラブ(宮里敏彦会長)の創立50周年記念式典が14日、市内のホテルで開かれた。関係者が多数参加し、半世紀という大きな節目を盛大に祝うとともに、歴代会長6人に感謝状が贈られた。宮里会長は「この節目を機に、60周年、100周年とさらにロータリーの魅力を発揮すべく全力を尽くしたい」と今後の抱負を示した。

 平良ロータリークラブとして1966年に創立した宮古島ロータリークラブは2004年に現名称に変更し、今年で50周年を迎えた。現在の会員数は15人。

 記念式典では宮里会長が50周年を迎えたことについて「ひとえに先輩や地区の支え、分区の友情の積み重ねが今日の宮古島ロータリークラブの礎を築いてきたものと確信している」との考え示すとともに、「この節目を機に、60周年、100周年とさらにロータリーの魅力を発揮すべく全力を尽くしていくので、今後とも地区、沖縄分会、各クラブの指導をお願いしたい」と語った。

 感謝状贈呈では、記念式典に出席できなかった藤村明憲氏、池間りつ子氏以外の座喜味弘二氏、下地常之氏、下地義治氏、小禄清美氏の歴代会長に宮里会長から感謝状と記念品が贈られた。

 来賓祝辞では、下地敏彦市長と国際ロータリー第2580地区の鈴木喬ガバナー、同地区の多田宏2009~2010ガバナーが、これまでの50年間の実績をたたえるとともに、今後のさらなる発展に期待を示した。

 記念式典終了後には祝賀会が行われ、50周年を記念して全員で乾杯した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!